マーケティング

親のことで後悔しないためのチェックリスト

久し振りに親に会ってみたら、随分と老けて見えた……
ということはありませんか?
親のことは自分のことです!

親のことを放置するリスク

年老いた親のことは、いつの間にか、子のこととなります。
幼い時に親に面倒を見てもらった子が成長した後に、年老いた親の面倒を見るのは想定内のことなのですが、しばらく会っていないと、その想定内が想定外になってしまいます。

しかし、いつか年老いた親に自分のサポートが必要なことに気づく時がやって来ます。
気づいた時には手遅れだった……
賢明な人間であれば、予め備えておくことができると思いませんか?

子が40歳の時に親は70歳……
子が50歳の時に親は80歳……
子が60歳の時に親は90歳……

自分の老後の心配よりも随分早く親の介護や相続についての心配が始まります。
しかも、40〜60歳と言えば、働き盛りであり、子育ての最中であり、親のことに気を使う余裕がありませんが、先送りは親のリスクではなく、子のリスクなのです。

親と子の相談を妨げるものは?

しかし、親と子が忌憚なく率直に介護や相続等について相談するのは難しくありませんか?

まず、こちらの動画をご覧ください。
一人暮らしをする父誉さんを心配する充子さんが得たヒントとは何でしょうか?

そして、その後に下のweb版チェックリストをやってみてください。
自分の親に必要なサポートをチェックすることができます。

親に必要なサポートをチェック!

いつかはやらなければならないことです。
親子一緒に老後の「まさか!」「えっ、もう?」に備えておいた方が賢明です。

🔥 不安を先送りしても、いいことはひとつもありません。
🎯 不安の原因(リスク)を突き止めて、必要があると思ったら対処することによってリスクを未然に回避することができます。

このweb版チェックリストがあなたがすべきことを教えてくれます。

チェックした後には、1️⃣「結果判定」
メールアドレスを登録すると、2️⃣「解説動画」のリンクをメールでお送りします。

<web版 親のことで後悔しないためのチェックリスト>

🚀 両親と最期まで気分よく付き合うために、一度このチェックリストをお試し下さい。
※ 「今すぐ、チェックする!」ボタンが見えない場合は、下スクロールしてください。

 

年老いた親のために備えるべきことをチェックリストで確認した次のステップは、
親との相談です。

しかし、親子の話し合いは意外と難しいもの……
そこで、Happy Ending カードがエージェントとして家族のコミュニケーションを仲立ちします。

あなたが、直接話さなくても、カードのプレイをすすめることによって家族に必要な備えを気づかせることができます。

Happy Ending カードについてはこちらから