マーケティング

ゲームマーケティング 価値を伝えるカードゲーム!

マーケティングの手段は新聞、TV広告から SNS、blog、Youtubeなど様々ですが、ゲームをマーケティングに使っていますか?

Happy Ending カードは潜在化しているニーズの喚起から、ウォンツの引き出しまで一貫したプロセスを提供するカードゲームです。

Happy Ending カードのスコープはシニアマーケットであり、超高齢社会におけるリスクマネジメントです。

加齢に伴って様々なリスクが待ち受けていることは誰でも知っているはずですが、自身と家族の老後のリスクに真剣に向き合っている人は多いとは言えません。

パンドラの箱を開けるような気がするのかもしれませんね。
本人が考えたくない、考えるのを先送りしたいと思っていることに対して、面と向かって「考えましょうよ!」という正攻法がうまくいくでしょうか?
要塞を正面から攻めているようなものですね。

シニアに対するゲームマーケティングをHappy Ending カードからご説明します。

ゲームのおもしろさ?

私たちは子どもの頃から、すごろく、トランプ、将棋・囲碁、ボードゲームなどに親しんで育ちました。最近のオンラインゲームは遠隔地にいても対戦プレイができる時代です。その結果、任天堂などのゲームメーカーは一大産業まで成長しました。

ゲームと言われるものは多岐に渡りますが、私たちがゲームに惹かれる理由は何でしょうか?それを理解すれば、プレイヤーの立場でもマーケターの立場でもゲームを有効に活用することができるというものです。

ゲームに惹かれる理由を5つほど挙げてみましょう。

1.未知との遭遇の楽しさ
ゲームの内容はプレイヤーにとって未知のことであり、どのようなゲームなのだろうと、好奇心を掻き立てます。

2.ルールを学習する楽しさ
どのようにすればゲームに勝てるのかというルールは必ずしもはじめからわかっているわけではありません。プレイをすすめながらそれを学習していくことになりますが、ゲームは何回でも繰り返しプレイすることができるので、より深く理解し、感じることができます。

3.選択の楽しさと苦しさ
ルールを理解すると、選択肢が見えてきます。どれを選択すれば勝つことができるかを考えて決定するプロセスが楽しみです。

4.スピード
ゲームはいつまでもプレイできるものではありません。回数、もしくは時間に制限があり、その制限内でプレイをするために学習と判断にスピードを求められています。時間との競争に勝つ。スピードの楽しさです。

5.総合的なエクスペリエンス(経験価値)
自分が主人公となって、感情移入し、ストーリーを組み上げていく経験(エクスペリエンス)が楽しみなのです。

ゲームの魅力を総じて言うと

・リスクのない状態で疑似体験(シミュレーション)をすることができる!

・読書をする、あるいはセミナーで講師の話を聞くよりもゲームのプレイはエクスペリエンスの感覚が高める!

 

Happy Ending カードのおもしろさ

ゲームの5つの魅力から、書籍として出版するより(対象は読者)も、セミナーで話をするより(対象は受講者)も、ゲームのプレイヤーになってもらった方が主体的に参加することができ、その結果として知るだけではなく、着手する可能性が高まると考えたため、Happy Ending への起点を書籍でもセミナーでもないカードゲームにしたのです。

(Happy Ending カードNo.B-5 定年後の生き方、49枚中の1枚)

ゲームマーケティング

プレイヤーがゲームを好むのであれば、マーケターとしてもゲームを使わない手はありません。マーケター視点における面白さは以下の通りです。

1.未知との遭遇/プレイヤーの方から興味を示してくれる。

面談中にHappy Ending カードのケースを机の上においておきます。
Happy Ending カードの話をするつもりがなくともです。

すると、ほとんどの人は「それ何?」と聞いてきます。
そこで、箱を取り上げて蓋を開き、カードを取り出して見せると、たいがいの人は「ちょっと見せて〜」と…
そこでカードを手渡してながめると、女性であれば、「カワイイ〜…これ何なの?」となるのです。

2.人生ドック/プレイヤーの備えの状況を知ることができる。

3.意思決定支援システム/プレイヤーのニーズを把握し、価値観を知ることができる。
詳しくはこちらを(工事中)

4.プレイヤーから紹介を入手することができる。
本業の話を聞いてくれる人の紹介を得ることは容易ではありませんが、Happy Endingカードのプレイヤーを紹介するのは罪がありません。Happy Ending カードのプレイを通じて紹介を得て、紹介された人のニーズをキャッチすることができます。

ゲームの力をHappy Ending カードで試してください。

☞ Happy Ending プランナー養成講座

要約すると

・プレイヤーにとってゲームは書籍の購読やセミナーの受講に比較して、感情移入しやすく主体的に取り組むことができるため、より深く内容を理解し、感じることができます。

・ゲームは何回も繰り返してプレイすることができるので、ルールと内容の双方を深く理解し、感じることができます。

・マーケターはゲームの特性を使ってプレイヤーへの情報提供の質を高めることができ。その結果商談の機会損失を減少させることができます。

blog登録